Skip to content

パーマカルチャー

パーマカルチャーの定義
(ビル・モリソン作)

パーマカルチャーは、人間にとって永続的に持続可能な環境を作り出すための設計システムです。
パーマカルチャーという言葉自体は、パーマカルチャーと農業の組み合わせですが、パーマカルチャーと文化の短縮形でもあります。

文化は、持続可能な農業と倫理的な土地利用の基盤なしには長くは続かないでしょう。
ベルマ文化は、植物、動物/建物、生産拠点(水/エネルギー/通信など)も扱います。
しかし、パーマカルチャーはそれらの要素そのものだけではありません。

むしろ、要素がどのように配置されているかに応じて、各要素間にどのような関係を作成できるかを扱います。
目的は、生態学的に健全で経済的に実行可能なシステムを作成することです。このシステムでは、各要素のニーズが満たされ、同時に悪用または汚染されません。はい、したがって、長持ちするシステム。

ベルマカルチャーは、動植物の特質や場所や建物の自然特性を活かし、最小限の土地で都市部と農村部の両方の生活をサポートできるシステムを構築しています。 ..
パーマカルチャーの基本は、自然システムの観察、伝統的な農業慣行に含まれる知恵、そして現代の科学的および技術的知識です。

それは生態系モデルに基づいていますが、パーマカルチャーは「栽培された生態学」を生み出します。
つまり、自然界で通常見られるよりも多くの人間や動物の食物を生産できるシステムを設計設計します。
(「パーマカルチャー」農山漁村文化協会より)

自然のシステムを読み、それに人間の生命を組み込むことによって、私たちは自然の豊かさ(生産性、多様性)と人間の生活の質(物質的な豊かさではなく精神的な豊かさのある生活)の両方を改善します